トップページ> 懐かしい官能もの > 懐かしい官能洋画

フレッシュゴードン バカバカしいが、思わず最後まで見てしまうエロSF

フレッシュ・ゴードン は、フラッシュ・ゴードン のエロ・パロディで、 現在でも一部で根強い人気を誇っているそうです。

見てみると、なるほど、人気の秘密がわかった気がしました。

基本はSFモノなんですが、特撮技術はチャチなもの。それにエロが加わるという、まさにB級映画の見本。ストーリーも適当で、 台詞もなんだかうそ臭い。けど、それを主人公の3人が大真面目にきっちり演じているんです。

特に、途中で仲間になる博士。彼はひげを生やした、どっちかというとシブい感じの顔立ちなのですが、ホモに尻を触られて本気で嫌がったり、 チクビームで敵を脅したりと、バカなシーンだらけです。それを大真面目に、かなりの演技力で演じる博士。

エロ目的で買ったのに、思わずファンになってしまいそうな一本でした。このDVD、レンタルはされていないようです。 アンダーヘアが当たり前のように露出しているから、かな。


▲宇宙から降り注ぐ謎のセックス光線により、セックスに狂う人々


▲セックス光線を止めるため、チンコに酷似した宇宙船で旅立つ主人公たち


▲「操縦不能だ!」「なにいっ かしてみろ!」


▲不時着した星では、チンコに酷似した生物がヒロインを襲う。


▲悪の王ワング。観賞用に多数の男女を常に乱交させている


▲ワングにつかまり、謎のトップレス猫女(豹女?)にパンツを破り取られるフレッシュゴードン


▲ワングの観賞用、くすぐられ女。はねぼうきでくすぐられ、もだえ続けている。少し楽しそう。


▲闇の女王と交わる、フレッシュゴードン


▲悪の王、ワングのパンツはいてないチアガールズ。胸には「WANG」の文字。


▲アマゾネスにつかまり、台にしばりつけられるヒロイン デイル


▲レズの餌食になるデイル。それを見つめるいい尻をしたアマゾネスたち


▲デイルの顔を股間に押し付けてぐりぐりする、黒人アマゾネス


▲落とし穴から脱出するため、チクビームを発射する博士


▲「このチクビームがどこを向いているかわかっているのかっ!」


▲乳首を露出させて脅す博士。怖がるアマゾネスたち


▲チクビーム発射装置を奪い、女のあそこに入れて遊んでいるワング。手が滑って…


▲どこにやった!出せ!とつめよるフレッシュゴードン


▲この体勢で上下に激しく振って取り出そうとする、豪快な主人公たち


▲最終兵器の巨人。いったいどうなってしまうのかっ!




●→次のバーバレラ 主演・ジェーン・フォンダがかわいすぎるへ  /前のフレッシュゴードン2 進化した名作エロSFへ
トップページ> 懐かしい官能もの > 懐かしい官能洋画 もくじ

▲このページのトップへ戻る